体に美味しい青汁ライフ

青汁大好きダイアリー

健康の始まりは栄養豊富な青汁にお任せ!

f:id:aojirusiru:20170520144144j:plain

「健康ならば死んでもいい」こんなジョークがあります。

それほどまでに健康は大切です。まだ若い人の中には健康が当たり前のようにように思っている人もいるかもしれませんが、ある程度の年齢になってくると健康であることのありがたさを痛感します。

青汁は画期的な魔法の薬ではありません。日々、飲み続けることに価値があるため、各メーカーも美味しく飲みやすい青汁の開発にしのぎを削り、その進化はとどまることをしりません。

まだ健康な若い人の意識も変わり、将来に渡って健康を維持するために青汁が選ばれる時代になってきました。近年、まわりの若い夫婦も青汁に興味を持つ人が増え、私もアドバイスをしています。

青汁に含まれている素材(野菜)も各メーカーによって異なっています。どの青汁が自分に合うかを知るためにはまず自分の食生活を見直す必要があります。普段の食生活の中で足りない栄養成分を見つけたら、それにあわせて青汁を選ぶのがオススメです。

もちろん毎日飲みたい青汁ですから飲みやすさも重要です。毎回鼻をつまんで飲んでいては続くはずがありません。自分の好みにあった味の青汁を選択することが、青汁と無理なく付き合うコツです。

体によくないのはわかっていながらも、食生活の乱れは現代人にとって深刻な不安材料です。せわしない日常の中、栄養に配慮して食べ物を決めるのは困難です。そんな時こそうまく青汁を利用したいですよね。

“初回お試しモニター募集中”【活きた酵素と青汁】

青汁は口に苦しは古い!美味しい青汁の登場で毎日の健康を

f:id:aojirusiru:20170519061442j:plain

『良薬は口に苦し』

《「孔子家語」六本から》よく効く薬は苦くて飲みにくい。よい忠告の言葉は聞くのがつらいが、身のためになるというたとえ。

出典:デジタル大辞泉

思い返せば、幼いころ飲んだ薬は本当に苦かった記憶があります。逆にとても甘いシロップのような薬も思い出します。

青汁は薬ではありませんが、薬以上に飲みにくい時代があったので、それを引きずって今でも悪いイメージが先に立つ方が多いようです。しかし、今では青汁とは思えないような味わいの商品もたくさん出てきました。色だけはあの濃い緑色のままですが、一度飲んでみれば、青汁=飲みにくいという嫌な印象が変わるのではないでしょうか。

実際、飲みやすくなったと言っても原材料は野菜です。どうしても苦手という方は牛乳等に入れてみたり、果物と組み合わせてミキサーにかけるなど、サッパリ飲めるような工夫もできます。

各メーカーでも青汁を使ってレシピを公開していますので参考になりますよ。

青汁を使ったレシピ(料理) | 大麦若葉・明日葉の栄養が詰まった「極の青汁」はサントリーウエルネスオンライン

青汁おすすめレシピ|キューサイ【公式】通販サイト

いつもの生活の中でいかに青汁を摂る習慣をつけるかが大切です。普段のご飯+青汁のスタイルを身につけてみてくださいね。

飲んだ人から実感 ヘルシーな毎日のスタートを青汁が応援!

f:id:aojirusiru:20170518161554j:plain

「青汁は健康に良さそうだし飲んでみたいんだけど……」例え体にとって良い飲み物でもかっての青汁に抱いていた味や飲みにくさなどの嫌な印象が浮かんできてしまう人が大半です。

しかし、今人気の青汁は進化をとげ、マイルドで臭味をおさえてブレンドされています。一度挑戦してみれば、青汁の悪い印象が変わりますよ。

たしかに以前の青汁は、葉っぱその物だけを使っていておススメしにくいドリンクでしたがブームになった後に原材料が工夫され数年前からマイルドで栄養たっぷりな飲み物になっています。ただマズくないだけじゃなくて美味しいといえる青汁が増えているんですよ。

ネットにもいろんな青汁の比較サイトがあるので、その中でも美味しさをランキングしたサイトを参考にしてみたらいかがでしょうか

管理人が参考にしたサイト→後悔しない青汁選び!美味しい青汁をランキング

加熱することなく、緑黄野菜が凝縮された青汁は野菜嫌いな人のマストアイテム。現代人の野菜摂取不足は大きな課題であり、本来ならば野菜中心の食事から安定的にビタミンなどの栄養を含む野菜をすべて摂り、健やかに過ごすというのが理想です。

忙しいなかで、三食神経をとがらせて食べ物を決めるのは主婦のみなさんにとって負担が大きいです。上手に青汁を利用して無理すること無く自然に健康なからだを保てるといいですね。

野菜不足の日本人に青汁は強い味方

f:id:aojirusiru:20170517085146j:plain

人が一日に摂取する必要のある野菜は350gほどと言われていますが、実際に350gもの野菜を食べることはとても難しいものです。最初はがんばって食べられたとしてもそれを維持することは本当に大変です(実際にやってみるとよくわかります)。

私たちの日々は忙しく食生活も欧米化したことで野菜を食べる量は減っているのが実情です。青汁はそんな私たちの食生活を助ける栄養素を多く含んでおり、カンタンに摂取する事を可能にした飲み物です。

青汁のバリエーションも増え、各メーカーで含まれている原材料も異なります。食事で足りない有効成分を含むのはどれなのかという点を吟味し、味はどうかも試飲して、青汁を日々の暮らしに溶け込ませることができたら、青汁と長く付き合えますよ。

野菜不足は日本人共通の課題です。本来であればふだんの食事から安定的に必要十分な栄養をすべてとり入れるのが理想なのです。しかし、忙しい日々の中いつも健康に気をつけて食物を選ぶというのではストレスの元にもなってしまいます。

青汁とのうまい付き合い方を見つけて、元気な体を維持しましょう!


やわた【おいしい青汁】
おいしい青汁

試さないと損 健康的な生活のスタートを青汁が応援!

f:id:aojirusiru:20170516083023j:plain

青汁は健康に良さそう<青汁はまずい

いまだに青汁についてマイナスの印象が先に立つ人が大半ですが、今の進化した青汁は実は飲みやすく、苦味を感じにくく製造されているんです。

いろんなメーカーの青汁をチャレンジしてみたらマイナスイメージが払拭されるはず。

以前の青汁は材料として緑の葉だけしか入っておらず正直に言って美味しくない商品でしたが、今では改善され口当たり良く栄養素もたっぷりな飲料になりました。

火を加えず、野菜の力が詰まった青汁は、現代人にとって、まさに救世主と言えます。

先入観から一回も試した事がないという方も、おためしセットなどを利用していろいろ試してみることをオススメします。

ネット上の青汁比較サイトも参考にするのもいいかもしれませんね。

試す価値あり 健康のスタートを青汁がサポート

f:id:aojirusiru:20170515095739j:plain

かっては「罰ゲーム」に使われていた青汁でしたが、各メーカーの努力によりさまざまな改良が続けられてきました。

「まずい、もう一杯!」の時代に比べて健康な体への意識が高くなってきたました。特に若い層では顕著に感じますし、筆者のマンションにも青汁を愛飲される人が沢山います。

青汁に魅力を感じる人が多くなった理由のひとつに臭味のない商品も多くなったことがあげられます。30~40年前の青汁は栄養重視で、緑の葉のみ使用していて苦い商品でしたが、その後改良され、今の青汁は風味良く栄養も豊富な食品になっています。

熱を加えず、生きた青物野菜が詰まった青汁は、私達にとって魔法の飲み物ですよね。

良さそうだと思うけれど、いまだに青汁にチャレンジしたことがない方!短期間でもトライしてみて損はありません!

同じ青汁でも、メーカーによって、それぞれの味がします。自分にとって無理なく飲み続けられると思う商品がきっとありますから選んでみて下さいね。


バランス30選【飲みごたえ野菜青汁】

飲んだ人から実感!健康生活のスタートを青汁がサポート

f:id:aojirusiru:20170514133557j:plain

「まずい!もう一杯!」の時代から絶え間ない進化を続けてきた青汁

若い世代も健康についての意識が非常に高くなり、自然の素材を使った青汁の注目度が高まっています。もちろん苦味の少ない商品も多くなるなど味の進化も見逃せないポイントです。

最近、私の主婦友達の中にも青汁を飲む人が増えています。主婦の生活は思うより不規則で不調になっていく友達も少なくないのですが、そんな時には体の奥からフレッシュするために青汁を飲むことをおすすめします

ただ食事をするだけでなく、栄養のバランスを保つことで、心身ともに健康に近づき、生活もより楽しく変わるはずです。

忙しい主婦業ですが、定期的に青汁を飲んで不足しがちな有効成分をとり入れて、いつまでも元気なママでいたいものですね。